アイウォレットを取り巻く変化

アイウォレットの問題点は手数料の高さにあり

アイウォレットの問題点は手数料の高さ

日本語にも対応しているほか、クレジットカードでの入金も行えるアイウォレットですが、手数料が高い点がエコペイズとの違いです。
エコペイズの手数料はそんなに高い数字ではありませんが、アイウォレットは全体的に手数料が高い傾向にあります。
エコペイズが徐々にサービスの質を下げている以上、アイウォレットに切り替えるユーザーも多くなっていますが、手数料には気を付けたいところです。

アイウォレットの手数料は割合で取られる

エコペイズも同じ方法ですが、アイウォレットの手数料にはパーセントによる徴収方法を使っています。
これは固定している手数料を取っているのではなく、一定の割合で手数料を徴収している方法です。
小さい金額に対してはあまり手数料はかからないのですが、大量にお金を入金する、もしくは出金することになった場合、アイウォレットの手数料はかなり高くなってしまいます。

特に入金手数料は4%近くも取られてしまうので、クレジットカードでの入金を行っている方が多くの手数料を請求されてしまうのです。
4%というのは、仮に10万円を入金する場合、4000円も徴収されるのです。これはかなり大きな手数料であり、入金するだけなのに多くの手数料を請求される点が問題視されています
また、口座維持手数料などを取られる可能性もあり、アイウォレットを長く利用していないことには手数料をどんどん請求されてしまうのです。
どうしても手数料を避けたい方は、口座からお金をすべて出すなどの対策を取り、休眠口座として扱われないようにしましょう。

アイウォレットの手数料は今後増加する可能性も

利用者自体がこれから増加する可能性もあるアイウォレットですが、サービスの質をさらに高めるために手数料を増やす可能性があります。
また、アイウォレットカードなどが使えなくなったことで、カードによる手数料を得られなくなったことが、アイウォレットの手数料を高めるのではないかと考えられる要因です。
今後手数料が増えてしまうと、アイウォレットはさらに使いづらくなってしまいます。多くの人が利用したいと考えているのに、手数料が高いことで避けられる可能性もあるのです。
オンラインカジノを楽しんでいるユーザーにとって、アイウォレットの手数料が高いというのは少し気がかりなところです。これから手数料が増えないことを祈るだけでなく、手数料が高くならないようにサービスの運営を行うことに期待しましょう。

アイウォレットもVISAやMASTERの規制で厳しく

VISAやMASTERの規制で厳しく

アイウォレットでは、VISAやMASTERと提携して、クレジットカードでの入金を可能にしている入出金サービスです。
同時に、これらのブランドと提携していることで、プリペイドカードの発行も行っていました。
しかし、プリペイドカードの発行は停止されており、現在アイウォレットのプリペイドカードは使えなくなっています。
その背景には、提携しているVISAやMASTERの存在があります。

ギャンブル目的での利用をVISAやMASTERが規制

VISAとMASTERは、ギャンブル目的で利用されることを避けたいと考えています。
ヨーロッパの国では、ギャンブルにクレジットカードを利用する傾向が多いのですが、ブランドの信頼性が失われるとの理由からこうした問題を避けたいと考えています。
VISAやMASTERは、エコペイズに対しても規制を行っているのですが、アイウォレットにも規制を行うことに決めました。
その影響もあり、これまで発行されていたプリペイドカードは発行されなくなりました。

アイウォレットは、提携しているブランドから支持が得られなくなったことで、これまで行っていたプリペイドカードの発行を停止するしかありませんでした。
これはオンラインカジノを利用しているユーザーにとっては大きなマイナスとなるでしょう。
オンラインカジノは典型的なギャンブルサイトに該当します。ギャンブルとの提携を行っているアイウォレットも、規制の対象にされることは仕方ないのです。

アイウォレットは別のプリペイドカード発行を目指している

別のプリペイドカード発行を目指している

現在のプリペイドカードが発行できなくなったことで、アイウォレットは利便性がかなり下がってしまいました。
そうした問題を踏まえて、アイウォレットは新しいプリペイドカードの発行を考えています。
プリペイドカードを新しく発行できれば、オンラインカジノを利用しているユーザーも、アイウォレットのお金をプリペイドカードで使えるのです。

まだプリペイドカードの発行については検討しているところですが、VISAやMASTERのブランドが使えないことで、新しいブランドと提携できるのかが焦点となります。
オンラインカジノのユーザーは、できる限りプリペイドカードが発行されることに期待したいところでしょう。
日本市場なども含めて、アイウォレットはできる限り使われるサービスに変わりたいと思っています。
そうした中、プリペイドカードが使えなくなったアイウォレットは、新しいプリペイドカードの発行を目指すことで、エコペイズに変わって使われることに期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。